HOME 製品情報 技術情報 保有設備 会社案内 採用情報
ホーム>技術情報> 組立管理技術
組立管理技術少量多品種生産対応技術メッキラック治具製作技術




組み立て作業の分割平準化を図ることで品種別生産変動、生産変動に対応できる生産体制
を構築しています。






QCDの高度化を図るため、生産性の結果の確認と検証を行い、そこからネック工程に対して
製造Grと支援Grの一体となった改善活動を行っています。




▲ページTOPへ





品種ごとの必要な情報・部品をすべて明確にし、それを組立前に完全に準備することで情報・部品の不備によるロスを無くし、少量多品種生産でも高い生産性を実現しています。





自社開発した使用部材の準備作業を支援するシステムを導入することで少量多品種生産でも使用する部材を完璧にかつ、短時間で準備できる環境を構築しています。





▲ページTOPへ





お客様の製品、ご要望に合わせたメッキラック治具の構想〜ポリエチレン樹脂コーティングまで一括対応ができる生産体制を構築しています。





機能を満たした上で、弊社生産ラインで最も低コストで製作できるメッキラック治具構造をご提案いたします。
また、生産効率を上げる専用治具立上げによりさらに低コストで製作できる環境を構築していきます。




▲ページTOPへ

ホーム>技術情報> 組立管理技術
組立管理技術少量多品種生産対応技術メッキラック治具製作技術